テーマ:グルメ

松江へ法事で行った。途中食べた蒜山道の駅の「ヨーグルト」は美味しかった。

ヨーグルトがこんなにおいしいものとは思わなかった。 乳酸菌という言葉に惹かれて、毎日ヨーグルトは食べているが、 この蒜山で食べた「蒜山ジャージー贅沢ヨーグルト」は格別のおいしさであった。 少し甘みもあり、口当たり十分。 また帰りにも寄って食べてしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若松屋 「紀薩乃梅酒」、本格麦焼酎仕込み、2008年モンドセレクション金賞受賞!

今は、酒はやめているが、唯一アルコールは、梅酒だ。 いままであちこち、特に和歌山の梅酒を飲んできたが、 酒屋で、若松屋の「紀薩乃梅酒」をみつけ、 なんと、ほぼ半額だったので、さっそく賞味した。 紀州梅と鹿児島の焼酎の合作ということで、これは鹿児島産だ。 口当たりはよく、飲みやすい。 そのくせアルコール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島銘菓「川通り餅」!老舗の味!

広島で銘菓といえば、この「ひろしま菓子処 亀屋」の「川通り餅」だという。 袋の封があいていて、つまようじにさした餅が入っている。 黄粉がまぶしてあり、黄粉風味がいっぱい。 したがって、あっさり味。 やはり昔の人はいいものを作ったな。 由来は、1350年にさかのぼる。 毛利元就の祖先の戦の話から来ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンロ(株)のAlmond Sweets クランチキャンディ、カンロにしては上出来のキャンディ!

アーモンドとキャラメルキャンディは相性がいい。 でもそのコンビが難しいのか、なかなかお目にかかれない。 ヨーロッパのお土産なんかにあるのかな。 で、今回アーモンドを150%にした。 通常の150%のことだろう。 香ばしさとサクサク感。まあこれが絶妙。 ただ、ちとお値段が高いのがたまに傷。{%一言・アリ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ロイヤルホストのイタリアンフェア、“魚介のラグ~アドリア海風” を食す!

今年、イタリアへ旅行したので、ちょっと惹かれた。 それに、今月誕生日なので、20%の誕生日割引もあるし、 だいたいが、シーフード好きで、海鮮ものをよく食べる。 で、今回イタリアンフェアということで、麺は、イタリア産デュラムセモリナ粉、グランサッソ山脈の自然な湧き水、低温で3日間じっくり乾燥熟成のみっつのこりようだ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コイケヤのポテトチップ ガーリック、なぜか酒屋に?

ガーリック入りポテトチップは、以前セブンイレブンでも売っていたがいまはない。 あのカラムーチョで、いまや、トップシェアだが、 このガーリックもコイケヤだった。 でも普通のスーパーやコンビニではみあたらず、 苦労して探してやっと酒屋のリカーマウンテンで見つけた。 それも100円だ。 でもなぜ、ポテトチッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨の銘菓、山柿!

実は、冷蔵庫に入れてから食べるとおいしいと書いてあったので、 真空パックの袋を取り出し、冷蔵庫に入れてから、食べた。 ところが、外箱を捨てられたので、メーカーがわからず、困った。 別にあった紙には、フリーダイヤルの電話番号のみしかなく、困った。 インターネットで、電話番号を入力やっとわかったが、 この会社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖池屋の「ポテトチップス ガーリック」、さすが湖池屋!

明治のにんにく味ポテトチップスが店頭から消えて、 にんにくを探していたらあった。 でも、普通のスーパーやコンビニにはない。 それは、酒屋スーパー リカーマウンテン にあった。 なぜこんなにおいしいのに、売っていないのか不思議。 やっぱりマイナーなのかな。 にんにく卵黄はあんなに売れているのに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷の銘菓、梅林堂の五家宝!、軽い味わいの中に懐かしさがある。

宿場町の銘菓は、伝統的なものだ。 その名も「五家宝」。 ずっと作りつがれてきた昔の味。 うるち米のあっさりした味をたっぷりの黄粉で包んだ銘菓。 梅林堂は、この熊谷の伝統菓子店。 創業は、1864年だから、ざっと150年。 それだけに、みがきぬかれた味わいだ。 五家宝 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激辛ポテトチップスは輸入品、ブレアズのデスレイン!ですとは死だ!!

BLAIR'S death rain デスレイン バーベキュウー味。 まあ、確かにこれは辛い。アメリカ産だ。 でも、輸入食品店やインターネットで買えるらしい。 インタ-ネットでは、一袋200円だが、輸入食品店では93円だ。 でこれ、辛いのは、ハバネロが入っているからだ。 ほかにシリカゲルが入っている。ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

癖になる湖池屋の「カラムーチョ」、その辛さがたまらない!

唐辛子入りのポテトチップスは湖池屋が元祖で、今もトップシェアを誇っている。 実は、先日紹介したにんにく味ポテトチップスは、なぜか売り切れで、残念、代わりにというか 今はこれにはまっている。 ただし、湖池屋のポテトチップスは、ほかに、スチックとリッチタイプがあり、要注意。 知らずに買うと、ポテトチップでないものがあ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

彦根の料亭「魚忠」で、お座敷料理を食する。名水百選の十王の水を使用したお料理!

今日は、法事があり、彦根の料理屋でご馳走になった。 「魚忠」、ここの近くにある日本名水百選に選ばれている「十王の水」を使用した料理で有名。 さらに、おかみが宮崎出身で、牛肉やウナギなど宮崎産の素材を使った料理もある。 ちなみに、東国原前宮崎県知事が訪問し、おかみと一緒に写真を写している。 料理の方は、少しの材料で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湖池屋の「カラムーチョ」、食べだすとやめられません。

辛いポテトチップス。 日本で最初に、辛いポテトチップをだしたのが、この湖池屋。 1984年、度重なる開発・研究の末発売した。 その後も研究をつづけ、辛いスナック売上ナンバーワン。 確かに辛い、で今は、値段もそこそこ。 今では、10倍辛いカラムーチョが売られている。 ただ、やはりからすぎて、口に合わない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「ソウルキッチン」、雑多な人種のいりまじるドイツハンブルグでのレストランを舞台のほろ苦いどたばた

どたばたコメディだが、結構下ネタもさかん。 ましてや、ファックシーンもあるし、 スカイプでおっぱい出しての誘惑ありで、 大人の雰囲気。 ソウルキッチンというだけあって、ソウルフルなレストラン。 一度は悪どい不動産屋の乗っ取られるが、最後は新出発。 でもそれまでは、さんざんなどたばた。 恋人に上海…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明治炙りにんにく風味北海道ポテト 今人気急上昇

この明治炙りにんにく風味北海道ポテト、 セブンイレブンでしか見かけないが、 とってもおいしいんです。 すぐ一袋あいちゃいます。 前に、にんにく、エビのポテトチップがありましたが、 こちらは、なかなか探しても売っていませ。 今やポテトチップ戦争ですが、 にんにく味が決め手と思います。{%トロフィー…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

信州名産 「ゆきげ杏」 長野利久堂  すっぱさのない甘味の勝った干し杏、お茶うけに絶品!

信州土産にもらった。 関西ではあまり杏は知らない。 しっているのは、むしろ杏仁豆腐として、中華料理の甘党だ。 「ゆきげ杏」jは、信州は善光寺のお土産だ。 でも、百貨店や通販でも手に入るらしい。 甘い、でも果実に含ませた甘さだから、 甘味が勝っているわけでもない。 本当は酸っぱいであろう杏だが、酸…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

長浜へ行った。”秘密の県民ショー”で、長浜の鯖ソーメンが紹介される!

昨日の”秘密の県民show!”、滋賀県版で鯖ソーメンが紹介された。 ちょっとその店には行けなかったが、有名な郷土料理店 住茂登へ行った。 当日のおすすめ弁当。 近江の郷土料理が、三段重ねで出てくる。 当然、鯖も一品。 やはり郷土料理は、その地のおすすめだけあって頂ける。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

”GODIVA トリュフ”  誕生日プレゼント!

誕生日だ。最近はなかなか祝ってくれる人もいないが、GODIVAとは、うれしい。 さっそくいただく。 ふわっと口中で広がるおいしさは何とも言えない。 これぞGODIVAという感じだ。 製造地 ベルギー。 ゴディバ、英国の伯爵夫人。 領民の重税を救うために 夫の命令である、全裸で馬に乗り市中を駆け巡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さつまいも塩せんべ  南国製菓

今この塩せんべが人気で、インターネットがつながらない。 この四国の海洋深層水を使った、さつまいも菓子は マイルドな味が人気だ。 たとえば、セブンイレブンなどでは、 いもケンピがこの海洋深層水を使っている。 四国室戸は、太平洋の北部オホーツク、アラスカから回ってきた 貴重な水だ。 植物油でじっくり…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

インドのスナック菓子、Moong Dul! 

デリー行のインド航空で出されたスナック菓子。 これは、インドのベジタリアンでも好評のもので、 ほとんど辛くなく、つまみにいける塩味だ。 通販でも売っている。 ■ムングダール1袋(メール便以外の商品と同時購入で200円)インドカレーの店 アールティ商品詳細 商品名ムン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

インドのペットボトルは、ペコペコだ。

インドのペットボトルは、握るとペコペコする。 でも、ぐにゃとはならないから、それなりにしかっりしている。 しかし、持った時の感覚は、大丈夫かなと思ってしまう。 環境の専門家によると、インドのペットボトルのほうが環境にやさしいそうだ。 日本のように、しゃきっとしていると、リサイクルしにくいのだという。{%イルカwe…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インドで、土産にもらった。菓子と干果!

インドの友人宅に滞在。 帰りに土産を貰った。 インドの家庭で作った菓子と干果。 菓子は、甘い。ちょっと一口で食べきれるか? なんというか中は粉っぽいが、とても甘い。 インド人は辛いと甘いが好きなのだ。 もう一つは、家庭で作った干しマンゴ。 渇ききっていない、中間の感じ。 やはりマンゴはおい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セイロン 緑茶

セイロンといえば、スリランカだが、 お茶の名前には、セイロンが使われている。 セイロンといえば、紅茶で有名だが、 緑茶でも知られている。 カテキンが多く、結構風味がある。 日本の緑茶は、品種が多くて、ピンキリだ。 むしろ、セイロン茶のほうがおいしく感じてしまう。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

沖縄土産「黒糖バームクーヘン」!

沖縄土産にあまり期待していなかったが、この「黒糖バームクーヘン」はおいしかった。 バウムクーヘンは、大体はずれはなくおいしいのだが、 黒糖入りは、相性がいいのか、他に入っているものがいいのか。 結構いける。 御菓子御殿の製品で、大体が紅イモとかが名産のはず。 このバウムクーヘンも通販で手に入れられる。{%魔…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ささら屋の「チョコっとあられ」、なかなかいけるおつな味!

富山に本店のあるせんべい・あられの専門店。 最近このチョコっとあられを売り出した。 あられに、チョコレートをまぶし、和洋の味のハーモニーをうたっている。 ピンクのチョコもある。 意外と合うものだが、いわゆる、塩味のあられとは違ったものだ。 あられをイメージするとはずれ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリアンレストラン、Versareでランチを食べる!

Versareはウェディングもできる、おしゃれなレストランだが、 ランチは、コースとセットとあり、 コースは、2000円以上。 セットは、1000円ぐらいで食べられる。 ちょっと節約で、コースにしたが、コースメニューは、 サラダと煮つけのバイキング、パン、スパゲッティなどである。 値段は、1000円ぐ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

慶州で饅頭を買う!

釜山から車で1時間余で着く。 慶州は、新羅の都のあったところで、いろんな名所があるが そのひとつ古墳の景勝地に饅頭屋がある。 それは、皇南(ファンナム)パンで、まあ、日本でいえば饅頭だ。 日本の饅頭と違って、甘さは控えめ、でも意外においしい。 聞くところ、1週間ぐらい日持ちするという。{%ケーキwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリッピン土産は、「Peanut Kisses」という、クッキー!

フィリッピンへ、仕事で行った人のお土産は 「Peanut Kisses」という名の、ピーナッツと卵、小麦粉でできたクッキー。 あまり甘くない、日本人好みの味だ。 香料もあまり入っていないので、食べやすい。 一口サイズに作られていて、そのままぱくり。 お茶うけにどうぞ。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都で京都らしいランチを堪能!「おばんざい 菜の花」

京都で映画の帰り道 和食料理、京都でいう「おばんざい」で、ランチを食べる。 共料理らしい、あっさりした味。 それなりに結構品数も出てくる。 女性が多く、雰囲気的には女性にお勧め。 ちょっと遅めに行ったので席はあったが、 昼時は、席があるかどうか? 夜は居酒屋に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more