テーマ:グルメ

広島銘菓「川通り餅」を食す!

広島の冬の銘菓といえばこの「川通り餅」 求肥だが、甘さは控えめ。 中にクルミが入っているので、 その食感と風味が心地よい。 爪楊枝に指してあるので、取り出しやすく、 小さくて、一口でほおばれる。 【餅米を使った鹿児島郷土銘菓】〜薩摩あくまき5本セット(きな粉付き)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

彦根銘菓「埋もれ木」を食す

彦根は天下の大老井伊直助の出身地だ。 彼が文武に励んだ「埋もれ木舎」にちなんでつけられた銘菓である。 白餡をくるんだ、ちょっと甘みの強い餅皮。 江戸時代の菓子らしい味わいがある。 お茶うけにはもってこいの銘菓だ。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都、文の助茶屋、わらび餅を食す!

初詣に、八坂神社、清水寺へ行った。 途中、文の助茶屋で一服。 甘酒を飲んだ。 帰りに土産に「わらび餅」を買った。 家で食した。 わらび餅は、わらびの根からとったでんぷんを使った餅。 これはプリンプリンして、餅というよりは、ゼリーのような柔らかさがある。 これに、黄粉をまぶして食べる。 それ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

信州善光寺仲見世にあるそば屋 丸八たきやの「栗ぱい」を食す!

信州土産にいただいた。 栗の実をつぶして餡にして、パイ生地でくるんだ和菓子。 信州名物ということで、ほかに軽井沢でも販売されている。 甘さが抑えられ、ちょっと洋風でけっこういける。 甘党は、ついつい手が出てしまう。 信州には、小布施という栗の名産地があり、これが全国で人気。 それにあやかった商品だ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京土産銀座たまやの「ごまたまご」!

最近、東京土産で有名なこの「ごまたまご」 卵とは言っても、卵ではない。れっきとした菓子なのだ。 和菓子というべきか? ゴマ餡とごまペーストで、それも黒ごま、ごまたっぷり。 表面は白チョコレートでくるんであり、卵のように見える。 でもやっぱり甘い。 大きさが、卵とウズラ卵の間くらいで、二口で食べられるので、 食べやす…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

虎ノ門 岡埜栄泉の栗饅頭を食す!

岡埜栄泉といえば、豆大福の老舗だそうだが、 この栗饅頭も、今が季節。絶品です。 なぜ、後を引くのだろうか。 まず、材料、北海道の小豆。 栗は大ぶりで、煮含めてあるのか柔らかい。 江戸時代から、巷間で贔屓の人が多く、 今も、売り切れてしまうほどの出来。 昔ながらの作法を受け継ぐ職人さんの腕だろう。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カール チーズ味、それにつけてもおやつはカール!

おらが村のカールおじさんで有名なおやつの『カール」 特にチーズ味が一品だね。 ほかにうす味、。カレー味、焼モロコシ味などあるが 定番はなんといってもチーズ味。 袋を開ければもう止まらない。 今なら、袋にプリントされている応募券をはがきにはって送れば 図書カードが当たる。 おらが村のカールおじさんというほんわかム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山の宝石、白エビを使った「しろえび紀行」を食す!

富山湾のあいがめ、、水深100~600mに生息するえび。深層水の高ミネラルを食し その白く優しい姿から、富山湾の宝石、海の貴婦人ともいわれる。 そのエビと、越中富山の米を使った、うすやきのせんべい。 その名も「しろえび紀行」。食感といい、香りといい、絶品の代物だ。 いわゆるエビせんとは、一味もふた味も違う。 かんだ後も口に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅干しの季節!あまりにおいしそうなので

写真に撮った。 今、作業中。 まもなく、市場に いかにも、すっぱそう! 【送料無料】2年連続!楽天グルメ大賞受賞★本場、紀州の梅干し「紀州南高梅」をお試しセットでお味見♪【送料無料】お試しセット[代引き手数料無料][和歌山県産]梅干専門店 河本食品内容量:50g×4種類(2〜3粒)【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画「食客」は、「美味しんぼ」のようなグルメ映画と思えば大間違い!

それこそ、だましありの大バトルだ。 料理もそこそこに、牛の解体だとか、炭の善し悪しだとか、 一方で、韓国の歴史物語でもあり、因縁の孫対決である。 そこここで繰り広げられる、わき役たちのコミックは韓国映画お手の物。 要は、韓国映画バラエティの総決算みたいな映画だ。 そういう意味では、結構盛り沢山の素材をそれな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

松前屋の「梅短冊こんぶ」にはまる!

塩昆布もかずあれど、この松前屋なかなかやる。 アイデアものの、この「梅短冊こんぶ」 梅の味が絡んで、適度の塩味とすっぱさが止まらない。 お茶漬けによし、おにぎりによし、 でもお茶受けが最高。 夏は汗をかくので塩分が必要。 それにこのちょっとしたすっぱさ。 しつこくないところがまたいい。{%表情ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わからない「くら寿司」の皿数?1皿多かった。!結局100円損、気をつけろ!

今週は、くら寿司の「まぐろまつり」! おおとろ、尾身、あぶりなど、大奉仕だ。 そのせいで、昼1時過ぎでも満員で、待たなければならない。 さて、折角だから、200円皿をふた皿頼んだ。 で、ちょっと間をおいて頼んだが、 一つは、皿の上に皿が乗っていた。 もうひとつは、皿一つ。 で、それぞれ、わっかの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかしの広場 そばボーロ は、本場の味!

そばボーロといえば、京都河道屋のそばぼうるが有名だが、 この商品も結構いける。 スーパーなどで売っているが、ネットでも手に入る。 製造元は、嵯峨の竹(大阪八尾市) 河道屋は、そばの店で、そのそば粉を使った菓子を編み出したのだが、 この嵯峨の竹は、どうなのだろうか。 でも、食べ比べていないので、何とも言…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生キャラメルを食す!

北海道物産展、ここで生キャラメルを売るという。 早速、出かけた。 やはり生キャラメルは大行列だ。 そして、一人一組だけ。 抹茶を食す。 なんで北海道で抹茶なのか。 まあ、キャラメルが抹茶に合うのだ。 確かに、抹茶味で、口の中でとろけていく。 まあ、なんてことはないが、くせにはなりそう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国杭州、龍井茶の産地で、茶を買う。茶の入れ方が問題!

中国杭州へ行ったとき、 龍井茶の産地を訪問。 中国茶の博物館で、茶の栽培、茶の焙煎を見学したのち、 茶の入れ方を伝授される。 あまりのおいしさに、一缶買った。 結構高い、日本茶より高い。 で、日本で飲むがなかなか、当時の味が出ない。 日本茶と違って、煎じが足りないように思う。 だが、きっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海で、小籠包を食す。十味観・豫園店で、32絞り・鮒口型と5色湯包

上海で今はやりの、十味観・豫園店に行った。 予約しておいたので、すぐ入れた。 多いときには、行列で待たなければいけないらしい。 豫園では、有名な店があるが、いまこちらは、満員で並ばないと入れない。 しかし、ここの32絞りは、大きくて汁が多い。 ちょっと、皮の一部に口を開けて啜るのがいい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海・十味観 豫園店で 5色の小籠包を食べる

上海は、食の宝庫だ。 中でも、豫園の小籠包は有名だ。 で、十味観 豫園店に行った。 ここの名物は、养生五色汤包(5種野菜のヘルシー小籠包。 ほうれん草、栗カボチャ、キノコ、人参、ニンニク、蟹みそ、紫キャベツ、フォアグラと、 それぞれの風味を生かした5種類の小籠包だ。 味わい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀香がケニアから帰ってきた。ケニアのお土産といえば、紅茶!

ナイロビは、ケニアの首都だ。 そのケニアは、紅茶の産地として知られている。 ケニアの一番簡単で、ケニアらしいお土産は紅茶だ。 知り合いが、ナイロビ出張なので、お土産に紅茶をもらった。 飲んだ。けっこう濃い味だがおいしい。 小さなティーパックなので、たくさん入っていてお得だ。(*^_^*)
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

GODIVAのビスケット!

GODIVAは、イギリスの名門チョコレートメーカー。 その名が付くだけで値段がグッとくる。 食べたのは、ラズベリープルミエール。 15枚、1500円、1枚100円だ。 たしかに口に広がる優雅な雰囲気、 それがたべたあとも引く。 一枚、一枚、かみしめて食べなきゃ。 でも、ビスケットはビスケット。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然食レストラン「ひな野」のシニア割引は今日まで!

自らの農場で作った野菜などを料理し提供している、自然はレストラン「ひな野」は、 バイキング形式で、非常にリッチな食事ができる。 従業員のマナーもよく、きれいな雰囲気で、 おばさんたちのだべりの場だ。 まず、時間無制限なのが良い。 ちょっとした集まり(4人、8人)に使えば利口な集会となる。 そして、嬉し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松江 和菓子「若草」を食す!

いま、NHKの朝の連ドラ「だんだん」は、松江が舞台。 その松江に名菓あり。 それが、この彩雲堂の「若草」である。 名の通り、若草色の求肥だ。 松江藩七代目藩主松不昩公が好まれた、茶道での和菓子で、 後年、彩雲堂がこれを再製したといういわくつきのもの。 結構甘い。 お茶うけに上々のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸元町牡丹園別館の大阪梅田EST店へ行った!

仲間で大阪駅で集まって、食事しようということになって、 手近で、ヨドバシカメラのレストラン街へ行った。 日曜日とあって、1時半というのにどこも満員だ。 不景気どこ吹く風。 仕方なく、仲間のつてで予約ができた 梅田エスとにある。神戸元町別館牡丹園へ行った。 なぜ別館なのか、本館はないのか? 広東料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国で赤ちゃんスープって本当?

中国で、乳児や胎児をスープにして、売っている店があり、これを求めてくる客がいる。 という話を本で読んでびっくりした。 ネットで調べると、広東省でどうも実際にあったらしい。 2006年の記事で、三年前というからちょっと胡散臭い気もするが、 何しろ中国のこと、さもありなんという気もする。 それにしても、一人っ子…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岡山・大手まんじゅう!

お正月に里帰りの娘が買ってきた。 岡山の名物。大手まんじゅう伊部屋。 創業天保八年というから大したものだ。 でもこのまんじゅう、結構現代風。 皮が薄くて、あんこが主体だ。 それが甘すぎないから不思議。 これは皮に秘密がある。 甘酒を仕立て、これに小麦粉を入れ川にしている。 電子レンジで温め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸元町「ヘンリー亭」のステーキはうまい!

神戸へ行った。 ルミナリエ見学のためだ。 そして、夕食はヘンリー亭。 元町商店街を元町からかなり入ったところの角にある。(三筋目ぐらい) 神戸牛専門だけあって、おいしい。 黒毛和牛にした、ちょっと高め。 和膳にした。 量はちょっと少なめ。 小食の私には適量。 値ごろなので、この程度か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セブンイレブンの職人かたぎ「細切り芋けんぴ」にはまっています。

実は通販で高知県の水車亭で、「海洋深層水入り細切り塩けんぴ」を売っています。 これと、似たもので、セブンイレブンの職人かたぎシーズの中で、 高知の渋谷食品というところの作った、海洋深層水を使用した「芋けんぴ」を売っています。 値段も120円と手ごろで、細切りのため、食べやすく、 袋を開けた瞬間の香りも甘く、袋を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・大森の夏月堂の和菓子は結構いける!

東京大田区大森の夏月堂は創業70余年の老舗和菓子店だが、 今風に改良した和菓子は、老舗の味を残しながら新しい味を加えて結構いける。 食べたのは、「梅の香」と「珠玉」。 「梅の香」は、饅頭の中に梅の実が入っており、ちょっと取り合わせは悪いが、 抑えた甘みと梅のすっぱさが何ともいえず調和している。 ただ、梅の実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダで寿司を食べる!

カナダ旅行をした。 肉料理とじゃがいもにうんざり。 日本料理が食べたい。 トロント、少し路地を入ったところ、探し当てた鮨屋というか和食屋。 結構日本人以外も来ている。 店を入ったところで寿司を握っているのは、日本人マスター(おやじ)だ。 この店のすべてを仕切っている。 彼の許可なしには座れない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大食い女はスレンダー。

久しぶりに農園ファームの経営するバイキング形式のレストランへ行った。 当然、食べ放題だ。それにここは、時間無制限。 大体はいつも混んでいる。行列は当たり前の店だ。 始めてなので、いろいろ説明を聞いて、食事に。 サラダ、酢の物、煮付け、揚げ物とメニューは豊富。 味もけっこうしっかりしている。 隣の席のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more