テーマ:雑談

中田屋「きんつば」を食す!

中田屋は、金沢の老舗和菓子屋。 金沢は、加賀藩で小京都といわれるように、京都に近い文化都市だ。 とくに和菓子は伝統で、この中田屋もその一角を占める。 中田屋といえば、「きんつば」 餡にこだわった作りだ、甘みを抑えた餡のうまみは格別のものがある。 【期間限定】涼スイー…
トラックバック:41
コメント:1

続きを読むread more

「たかじんのそこまでいって委員会」今週は、橋本大阪府知事と環境問題。

久しぶりの橋本知事、みんなの応援ににんまり。 でも、応援政党をはっきりするってどういうこと。 自民党を応援するつもりなのか? 環境問題で、CO2削減は意味がないとする意見は 日本が助かればいいという、小国エゴイズム。 原子力を使えばいいとする、勝谷は、目立ち屋のいきがり? 省エネ買い替え促進策は、もっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上海・十味観 豫園店で 5色の小籠包を食べる

上海は、食の宝庫だ。 中でも、豫園の小籠包は有名だ。 で、十味観 豫園店に行った。 ここの名物は、养生五色汤包(5種野菜のヘルシー小籠包。 ほうれん草、栗カボチャ、キノコ、人参、ニンニク、蟹みそ、紫キャベツ、フォアグラと、 それぞれの風味を生かした5種類の小籠包だ。 味わい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「たかじんのそこまで言って委員会」今回はホリエモン!

題材がなくなったせいか。 この頃、話題がない。 おかげで、麻生首相の支持率が回復。 そんな中、今なぜホリエモン。 それは、彼が本を出したからだ。 で、その本の紹介のついでに 勝谷の本も紹介、元自衛官と並んで写した写真が表紙とは、 右翼に媚びて、勢いを売る魂胆。 それにしても、太ったホリエモ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小林麻耶アナ、盗撮シーン流出?

小林麻耶アナは、TBSを退社。フリーとして、キャスターに転身。活躍中! そんな彼女の盗撮映像が流出か。 真偽のほどは、定かでないが、 昔の映像もあったりして、今やお宝もの。 売れっ子はつらい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかじんのそこまで言って委員会」で、皇室問題が話題沸騰!

ゲストは、西尾幹二氏。 秋篠宮に、皇位継承をと言いたいところだが、それは言わない。 でも、雅子妃と小和田家は批判。 これに乗った、勝谷が、叫びまくり。 それぞれが、自らの立ち位置でものをいうから、結論は出ず。 軽々に論じてほしくはない。 雅子妃の病気を疑う人は、うつ病の何たるかを理解できないでいる。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ロマンメニエル、モンマルトルの丘など、フランスの観光名所を全裸疾走!

世界陸上の棒高跳びで、銀メダルを獲得したロマンメニエルが、 モンマルトルの丘などフランスの観光地を、棒を持って疾走する姿を写した ビデオが、ネットで公開され話題に。 さらに、全裸で棒高跳びするシーンも公開されている。 これは、お金がなく競技を続けられないと、オークションにかけるためのデモ。 かなり高額でせら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紀香がケニアから帰ってきた。ケニアのお土産といえば、紅茶!

ナイロビは、ケニアの首都だ。 そのケニアは、紅茶の産地として知られている。 ケニアの一番簡単で、ケニアらしいお土産は紅茶だ。 知り合いが、ナイロビ出張なので、お土産に紅茶をもらった。 飲んだ。けっこう濃い味だがおいしい。 小さなティーパックなので、たくさん入っていてお得だ。(*^_^*)
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

iipod nanoを買って大苦戦!

広告にひかれて、iipod nanoを買おうとした。 まず最初、店で、ituneが入ったパソコンが要るという。 さて、我が家はWindowsVista版だ。 ところが、保存されたituneがプログラムを要求してきて開かないのだ。 あきらめかけたが、そこは執念。 パソコンを持って、アップルの専門店へ出かけた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細川ふみえ、ヌード写真集か?

細川ふみえといえば、巨乳で一世を風靡したが 2007年に結婚、一児を設け幸せな結婚生活を送っているはずだが、 夫の不動産業が不振で、別居状態が続いているみたい。 そこで、あちこちで、ヌード写真集の噂が、出てきたらしい。 細川の父の話では、そんなことがあれば反対するといっているが 金には変えられないので、ひょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「諸君」や「わしイズム」など、右の雑誌が次々休刊。惜しい!

最近雑誌界で異変が起こり、「諸君」など、どちらかというとアンチ左の雑誌が休刊に追い込まれている。 インターネットが盛んになり、ネットで論を張る人が増えたせいか 雑誌という、紙文化が廃れていく。 惜しい限りだ。 ちなみに、最近は田母神氏がこの関係でよく取り上げれれているが 結局線香花火か? 北朝鮮がテポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西野さゆき、11日から新宿DX歌舞伎町ミュージックに出演!

もと、AV女優、西野さゆき、彼女のブログで、新宿歌舞伎町DXMに出演を知った。 今が旬の彼女、大きく羽ばたいてくれるだろう。 所属の渋谷道頓堀劇場は、昨年手入れを受けてしまった。 おかげで、3月6日から11月までお休みだ。 でも、彼女は新宿の後、札幌と京都へ遠征だ。 AVの方も復活してくれるといいのだけどね…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

駅でのキス禁止!罰金4000円!イギリスでの話

イギリスで、キス禁止のマークができた。 駅でキスする人が多く、混雑時に迷惑なので、この処置に出た。 ただ、喫煙と一緒で、キスをする場所が設けられ、そこでどうぞということらしい。 日本でも、東京の最終新幹線では抱き合うシーンが見受けられるが、 これはまだ愛嬌の部類か。 キス文化の違いなのか?{%感謝(チカチカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借家の更新料は、取り戻せるのか?

なんの法律的根拠もない更新料。 今世間ではその裁判に注目が集まっている。 そもそも更新料とは、どんな経費なのか。 家賃ではない。 ではなぜ、こんな理不尽な経費が発生するのか。 それは、家主のぼったくりなのか。 だって、募集広告には一切更新料なんて書いていないのが多い。 しかし、払わないとこれはも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモリー増設で一苦労!

パソコンを買ってほぼ2年が経過、メモリー不足か動作が遅くなったので、 メモリーを増設することに。 ヤマダ電機で、マニュアルを提示、それに該当するものを買った.。 ところがである、パソコンが受け付けない。 なにか、変なハードウェアがみつかったというような。 仕方なく、ヤマダ電機へ、だが、いろいろ調べ 結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰天アメリカのニュース・処女権をオークションに!

今アメリカではちょっとした話題だ。 22歳の女子大生が、ネットで自らの処女権をオークションにかけ、 それが、有名なハワードスターンの紹介で一気に火が付き 入札額は100万ドルを希望としている。 学費が払えなくなり、いろいろ相談したが、結局売春宿のオーナーがこの案を考えたらしい。 ただ、このニュース昨年の9月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸元町牡丹園別館の大阪梅田EST店へ行った!

仲間で大阪駅で集まって、食事しようということになって、 手近で、ヨドバシカメラのレストラン街へ行った。 日曜日とあって、1時半というのにどこも満員だ。 不景気どこ吹く風。 仕方なく、仲間のつてで予約ができた 梅田エスとにある。神戸元町別館牡丹園へ行った。 なぜ別館なのか、本館はないのか? 広東料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府は派遣村騒動であたふた!

年末に、日比谷公園に「年越し派遣村」ができて 大慌てで、厚生労働省の施設を提供したり 都の受け入れを決めたりした。 これもすべて、もんだいない発言の付けを背負わされての対応だ。 こて先に対応で、あたふたする政府の姿を見ていると ほんとに末期症状なのだが それを気付いて気付かないふりをしている麻生にはう…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

永田元議員もバブルのあだ花だったのか?

あの偽メール事件で、一躍有名になった 永田元議員が自殺した。 あのバブルの寵児、ホリエモンは、息を吹き返し テレビに出て気炎をはいているが 永田元議員は、退き方が潔くなかったために その後は、鳴かず飛ばずで、 話によると、失職、離婚と転落していったようだ。 民主党もこの事件で、墓穴を掘っただけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国で赤ちゃんスープって本当?

中国で、乳児や胎児をスープにして、売っている店があり、これを求めてくる客がいる。 という話を本で読んでびっくりした。 ネットで調べると、広東省でどうも実際にあったらしい。 2006年の記事で、三年前というからちょっと胡散臭い気もするが、 何しろ中国のこと、さもありなんという気もする。 それにしても、一人っ子…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北朝鮮を継ぐ男、朴甲東の数奇な運命

北朝鮮は、盤石の金日成政権だと思っていたが、 実は、南にいて、共産党政権を築こうとしていた男がいた。 ただ、現在は、日本に亡命し、2006年には暴漢に襲われている。 いまは、もう90歳だ。 北朝鮮も、今は金正日の時代、それも、死んだとさえされている。 時代が変わった。 ただ、日本では、朝鮮戦争自体があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YKKK、山崎、加藤、管、亀井、この政局の救世主になりうるのか?

YKKKとして、山崎、加藤、管、亀井が集合、テレビに出演。 テレビも話題不足で、こんなロートルの出馬となったのか? それとも、政界の目玉足りうるのか? 麻生政権の末期。 でも麻生は首相でいるのは今しかないので、必死にしがみついている総理の座。 困惑の世間をよそに、ずるずる世を越しそう。 年末にかけて大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国のホラー映画は怖い!それが「FACE}だ。

韓国映画「FACE」は、死体から複願処理をする男が、 娘の心臓移植のため殺された女の霊に悩ませられる映画で、 鏡越し、後ろからなど、霊の現れ方がショッキングで、 また、霊の顔や姿が恐怖を誘う。 ただの犯罪映画と思ってDVDを借りたが、 ちょっと怖くて、夜は見られなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛さずにはいられない」、中国のらぶストーリー!

愛さずにはいられない、なんて素敵な題名なんだろう。 こんな題名の映画はきっと素敵な恋物語に違いない。 そう思って、DVDを借りたが、去年も借りていた。 美容師に恋する中年妻の物語。 さしずめ、日本だと不倫の典型だ。 でも、ラブシーンは意外と少なく。 髪を洗うシーンがもっとも煽情的。 なんてことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木保奈美復帰おめでとう!

鈴木保奈美、芸能界復帰の記事がでた。 相変わらずおきれいなようで何よりですが、 でも、復帰といっても今は、「ミセス」という女性雑誌に連載を開始したというもの。 それもお料理の記事だ。 しかし、あれだけのトップ女優だし、期待は高まる。 石場氏との関係も良好なようだし。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

宮根誠司結婚おめでとう!

元朝日放送アナウンサー宮根誠司が、自らのブログで結婚の報告をし、 それを受けて、スポーツ各紙がそれを報道した。 昼過ぎの読売テレビの放映の中で、改めてこのことを報告した。 一般人のため、写真とかはなく、似顔絵で報告された。 朝日放送を退社し、今では、たかじんの向こうを張って ワイドショーの司会を務め頑張って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「たかじんのそこまで言っていいんかい」に、、防衛庁のOBが出席。田母神論文を擁護する発言を!

世論があれだけ、不道徳だとした田母神論文を是とする番組が、出たとは驚いた。 自衛隊は核を持つべきだなど、戦争をあおる発言オンリー。 あげくは、勝谷は田母神を外務大臣にすべきとまで持ち上げる状況。 孤軍奮闘の原和美氏は、たじたじ、まわりは弁だけが立つ猛者ばかり。 喧々諤々で、話も聞こえない。 ご意見番、三宅久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関貴星著「北朝鮮1960」を読む!北朝鮮の裏の顔が暴かれている。

この著書を信じるかどうかは読者の自由である。 この本は、1962年と1963年に書かれ、2003年に発行されている。 著者はすでに1986年に亡くなっている。 北朝鮮による拉致問題が未解決のまま進展する兆しも見えない。 この本は、北朝鮮に帰国した在日の人たちの北朝鮮におけるその後を書いたものだ。 著者は、朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シムチョン」は、京都のコリアサロン「めあり」が5周年特別企画として上映している。

映画「シムチョン」は南北合作の朝鮮のアニメで、李朝時代を舞台に、古くから伝わる民話を映画化したものだ。 大臣であった父が襲われ失明するが、幼い女の子はかろうじて救われる。 十数年たって、娘は父の目を治すため自らの身を捧げる。 それは、海の神をなだめるためのいけにえだったが、 娘を追ってきた亀に助けられ、竜宮城でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかじんのそこまで言って委員会」で、部落差別問題が取り上げられた!

部落差別問題が、江戸時代に行われた身分差別化と理解していたが、 この番組で、室町時代に端を発すると聞いてびっくりした。 今では、教科書もそのようになっているという。 これこそ偏見だ。 もっとその辺のことはPRされるべきだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more