たかじんのそこまで言って委員会 三宅久之引退宣言!

三宅久之氏が、この3月末で完全引退宣言。 今回は、三宅久之、ディスコグラフィ。 大学入学から、毎日新聞入社。 政治部記者として活躍。 引退。 コメンテーター、今日に至る。 その間の政治について語る。 特番として、読売新聞渡辺代表との対談。 鳩山一郎内閣以来、政治の第一線の取材を続けてきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りさ カラダを売りにするS級素人  ナイスボディのりさちゃん!

S級素人というから素人なんだろうけど、最近は明日花キララだって素人に出るくらいだから 素人のほうが、通りがいいのかな。 顔立ちや体の形から、かすみりさちゃんだと思うけど、 でもかすみりさちゃん、S1で№1をはり、SODでも主役級だったのに 今更素人? まあ要観察!! でも、201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日花キララ 「人妻不倫温泉」、人妻になりきったキララ!

明日花キララの新作は、Prestige定番の人妻不倫温泉。 もともと素人のビデオのはずが、 キララみたいな有名女優にさせるのか。 まあ、数ある作品だから、やむを得ないか。 でもしろうとで、こんないかした明日花のような人妻だったら、 まあそう思うと悪くないか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスワン 新人はプリキュアボディの姫野ゆうりちゃん!

エスワンから4月13日発売された、姫野ゆうりちゃんの「エスワンナンバーワン新人」。 姫野ゆりちゃん、105センチMカップ。 その熟れたボディは二度見てしまう。憧れのボディ。 でも彼女、昨年11月、「初らぶ」というイメージビデオですでにビデオデビュー。 ただ、S1さんが力を入れているので、今後が楽しみ。{%男の子ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「種まく旅人 みのりの茶」、真面目な農業映画!

真面目な農業映画だが、それだけに終わらず結構人生や、政治の仕組みについて語っています。 父親に言われるまま、何事も決めてきた娘。 祖父の茶づくりをこなして、やっと独り立ちへの道が見えてくる。 いっぽう、農水省のお役人。型破りな、農家の手作りに手を貸し、効率主義の農業に一石を。 真面目な映画だけに、なりそうな恋話も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

松本人志の映画「さや侍」、30回も殿様の息子を笑わそうとするが?

松本人志の映画はちょっととっつきにくい。 「大日本人」で、肩透かしを食らわせられて、敬遠していたが、 今回は、松本が出ていない分、客観的で、後半までお笑いに徹したのはよかった。 なにしろ、殿様の息子を笑わそうと、人間大砲や、人間魚拓など、使い古された芸ではあるが、 頑張って演じている。 ラストには、娘が川に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏木マリとメリルストリープ、老女役で好演!

NHK朝ドラ「カーネーション」、コシノヒロコ姉妹で有名なデザイナー一家の母親で、 デザイナー小篠綾子をモデルにした物語だが、 老年になって、尾野真千子から夏生マリにバトンタッチ。 今は、80代の役をやっているが、その貫禄、なかなかのもの。 一方、今年度アカデミー賞のメリルストリープ。 イギリスの首相を長く務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかじんのそこまで言って委員会  日米安保特集!

なぜかたかじんがいないと締まらないのは、 特に最後、勝谷に終わりをさせたら、原子力空母を持てと暴言。 今回は、日米安保問題。 ケビンメアがレギュラー出演。本を出したりして、すっかり日本になついた。 特集は、元毎日新聞記者西山太吉氏、ただ、録画のインタビューに出ただけで言いっぱなし。 政治の裏駆け引きを表に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「狂った血の女」、、モニカベルッチの官能映画か?

モニカベルッチ主演の官能映画かと思ったが、官能はおとなしめ。 ムソリーニの時代の映画界の裏話。 監督と男優の主演女優を巡るさや当て、 で、男優がものにするが、 女優もくせもの、あちこちに色目を使う。 でもセックスの力に取りつかれる。 おかげで、薬の落とし穴にはまり、 最後は、??? 重厚な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴメンナサイ。東スポ映画大賞で、小向美奈子がカムバック賞を受賞していたなんて!

まあ、もちろん、この賞は、タケシが主催するギャグ的なものだが、 でも作品賞は「冷たい熱帯魚」だし、監督賞は園子温だから、まともなんだ。 で、}カムバック賞には、ほかに、鈴木宗男と岡本夏生が選ばれている。 で、その小日向だが、アリスで第三弾を発表、今回は多数の男性を相手の大奮闘らしい。 ますます脂がのってきたという…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あの可愛かった 松本まりな 嫁の母で再デビュー!

1990年ごろ、AV業界を席巻したアイドル松本まりなが帰ってきた。 「嫁の母」で、再デビュー。 しかし時代は変わった。 小さな乳房もあのころは可愛かったが、 おばはんではいかんせん。 さらには、垂れてしまっている。 嫁の母として、娘の夫を誘惑するのだが、 まあそんなおばはんにかまうのかな。{%ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シャーロックホームズ シャドウゲーム」、女の裸はないが、男の裸はうろうろ!

シャーロックホームズ、男くささむんむんの映画だ。 ことに、ホームズの兄は、全裸でうろうろ、もう少しで画面に何が映りこむところだ。 それにしても、ホームズ危機一髪。 注射がなかったらどうなったことやら、でもその後は、 傷だらけのカラダで、暴れまくるのだから、映画はいいね。 ラストはチェスゲームで、滝にまっさか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「灼熱の魂」の謎、「1+1=1」とは、宗教紛争のレバノン、そこでなされた衝撃の事実とは?

映画「灼熱の魂」、双子の男女に残された遺言。その意味するものは。 カナダに住む、母と息子、娘。 母が死んで、母は双子の出生の秘密を、遺言で手紙に託す。 いるはずのなかった、父と兄。 その母の生い立ちを訪ねる旅で、母が内戦に翻弄された一生を知る。 その過酷な運命を脱しようと、復讐に燃え、テロ組織に。 暗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかじんNOまねー、びわ湖放送で放映、でもこれ録画!

今日のお昼、東日本震災のニュースオンリーなので、 びわ湖放送にチャンネルを切り替えたら、たかじんがでてるやん。 橋本大阪市長が出て、美術館構想をやめにするという話。 で、この番組、てれび大阪の番組だ。 びわこテレビは、その録画を放送していたのだ。 最初と最後を見ていないので、てっきりたかじん回復したのかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「戦火の馬」、第一次世界大戦を生き抜いた奇跡の馬の物語!

「戦火の馬」は奇跡の馬だ。 馬が、苦境に立たされるや、一喜一憂。 イギリスで育った優秀な馬は、フランスの第一線に駆り出される。 そして、イギリスの負け戦。 でも馬は、今度はドイツで、馬車馬としてこき使われる。 人ごとのように、汗してしまう。 一方、育ての親の青年は、馬を求めて第一線へ。 しかし彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ映画「Pina/ピナ 踊り続けるいのち」、踊りとは肉体表現!

Pinaの主宰するヴッパタール舞踊団。 それぞれの踊りは、体をくねくね、パントマイムのような、動物のような、昆虫のような、病人のようなあらゆる動くものの表現を借りて、愛を語る。 喜び、悲しみ、苦しみ、叫び、それらを融合した肉体の動き。それにバックの音楽。 ダンサブルな動き。 場所は、屋内であったtり、舞台であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ヒューゴの不思議な発明」、映画初期のグリフィスやジョルジュメリエスの作品が登場!

映画が発明され、興業として成功させたのは、グリフィスやジョルジュメリエスだった。 「ヒューゴの不思議な発明」は、そのジョルジュメリエスが、老いて登場。 当時の映画がふんだんに上映され、映画の歴史が学べる。 まさに映画迷の真骨頂だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「おとなのけんか」、大の大人が子供のけんかに口をはさんでいざこざ!

しかし、加害者の親が、被害者の親に謝りに来て、お互いいい雰囲気で終わればよかったのに、 終わろうとして時に、話を持ち出して、コーヒーを飲もうなんて言い出して、 加害者の父は弁護士で、製薬会社の訴訟問題で、ひっきりなしに携帯電話。 それがまた、悪いことを謝ろうとせず、押し切ろうという態度。 途中で、加害者の妻が、吐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more