明日花キララの「出張全裸家政婦」、えぐい!

明日花キララが、出張してきて、全裸になり、家政婦をしてくれる。 男にとって、垂涎の状態だ。 おまけに、普通の全裸物と違って、明日花の裸を徹底的に楽しませてくれる。 まずお掃除、全裸で、ガラス戸におっぱいをこすり付けて。 お料理、ごはんのあと、私のカラダを食べて お風呂では、ソープ並みのご奉仕。 最後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「フラメンコフラメンコ」、フラメンコの真髄を描く!

名匠カルロスサウラが、スペインのフラメンコ、ダンサー、ギタリスト、歌手、ピアニストのベテランと気鋭をそろえ、撮影にも名匠を得て、渾身のフラメンコを描く。 フラメンコファンにとっては、垂涎の一本だ。 ただ、いわゆるフラメンコに慣れているものにとっては、やや難解。 さらに、ベテランの芸は磨かれているが、ベテラン。花には欠け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかじんのそこまで言って委員会 世界標準とこんなにずれていて委員会!

今回は、アイドル席に金慶珠さん。 ほかに、手島さん、須藤さん、金美麗さん。 ① 死刑制度 世界的に見て、死刑制度をちゃんと履行している国はない。 結論は、日本独自の文化であり、もっと可視化すべきとの意見もあり、存続に ② 科学技術 独自の進化をし、世界的な要求水準と離れてきている。 ただ、これには、技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生に人気のグラドル神崎かおり(18歳)がAVデビューを発表!

現役高校生アイドル神崎かおりは、グラドルで名をはせて、一方で、ブログで下ネタ公開。 ブログが炎上するというトラブルが。 でも、「アイドルオブデマンド」、これってソフトオンデマンドのことか、より、活動を開始のつぶやきが、 SODのコメントはない。 ただ、神崎かおりのAV出演説が飛び交っている。 いずれにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松江へ法事で行った。途中食べた蒜山道の駅の「ヨーグルト」は美味しかった。

ヨーグルトがこんなにおいしいものとは思わなかった。 乳酸菌という言葉に惹かれて、毎日ヨーグルトは食べているが、 この蒜山で食べた「蒜山ジャージー贅沢ヨーグルト」は格別のおいしさであった。 少し甘みもあり、口当たり十分。 また帰りにも寄って食べてしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スーパーチューズデー 正義を売った日」、大統領候補が不倫?

この映画、演劇の映画化だが、実話との話も。 でも、大統領候補って、そんなにエッチなのかな? だって、選挙手伝いのインターンに手を付けて、子供をはらまして、その費用もケチるなんて、 いっぽう、選挙参謀も、そのインターンとすぐ恋仲に、 そんなに忙しい選挙中に、情事にかまけていいんかい。 まあ、アメリカの話だが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MUTEKIの新作は、グラドル長谷川リホちゃんの「私、人前でSEXしちゃいます」

長谷川りほちゃんは、すでに週刊誌で話題に、 週刊プレイボーイでは、乳房を露出、そのエロさが話題に。 4月には、「裸体」というイメージビデオも発売。 いよいよMUTEKIへの登場です。 私、人前でSEXしちゃいます まあ、意味深な題ですが、要はAV解禁です。 週プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ドライブ」クールでかっこいいライアン・ゴズリングが見もの!

映画「ドライブ」は、ドライブテクニックに秀でた男のロマンだ。 同じ階に住む女性に一目ぼれ、一人息子とも仲良くなった。 だが、刑務所から、夫が出所。 彼の借金話に加担したがため、暴力組織と闘う羽目に。 ドライビングよりむしろクールな殺しに、圧倒される。 やくざの親分は、裸女が好きなのか、ここでも、トップレスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大半白黒無声映画「アーティスト」、無声映画のヒーローが没落し、彼女と犬に助けられる話!

映画「アーティスト」は、アカデミー賞5部門受賞のフランス映画。 無声映画からトーキーへ移行する時代を背景に、無声映画のスターが、 アーティストに固執し、没落。 そこから奮起し復帰するまでの苦労話。 それには、優秀な犬と、無名時代にやさしくしてあげた女優(彼女は、トーキー時代の寵児になっていた)の助けを借りて見事復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかじんのそこまで言って委員会 日本の本当にできるか?

まだ、たかじんの登板はない。いつまでつづくのか? 今回は、NHK元解説員の手島氏と参議院議員で、田中防衛大臣をとっちめた佐藤正久氏が出演。 パネリストに、金美麗、ケビンメア、金慶珠女史、須田慎一郎が出席。 テーマは ①北朝鮮のミサイルどこまで迎撃できるか。 できる、とがんばるの意見が。 ②金正恩、北朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「風にそよぐ草」、大人の恋の不思議!

90歳のアランレネが描いた、老いたというか、中老年の恋。 中老年の恋は狂気だ。 もう所構わず、ストーカーはするわ、プイと無視をするは気まま放題。 果ては、念願の小型飛行機に乗って操縦まで、 しかし最後は、猫には猫のことしかわからないと、放り出されて!!
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スペイン映画「欲望の帝国 女優ディディの告白」、エルサ・パタキーの官能シーン満載!

こういう官能シーンの多い映画は、劇場映画からは敬遠される。 したがって、DVDにとっておきがあるのだが、 本作も、真面目な映画なのだが、官能シーンが多く劇場未公開。 それにしても、三十路の後半、エルサ・パタキー頑張っているね。 スペインの女が、ハリウッドで成功する物語。 トップに躍り出る不安。 男性関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ映画「ヘルプ」、黒人の地位向上運動!

1960年代、黒人社会の実態を、ヘルプ(お手伝いさん)にインタビューして、本にした人がいた。 その物語を映画化したもの。 黒人が汚いからと、お手伝いさん専用のトイレを外に作ろうとして女性(家畜以下の扱いだ)。 物が亡くなったら、黒人のせいにする。 そも、その仕返しがパイに糞を練り込んだこと。 「くそったれ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかじんのそこまで言って委員会 日本の報道これでいいのか?

たかじんが休んで久しい。やはり、たかじんのキャラはすごい。 いなくなると余計感じられる、さびしさ。これに、三宅氏が抜ければ、論壇が成り立つのか? 政治問題が、小沢の造反というちましい話題では、ニュースに乏しい。 そこで、報道問題に焦点を当てるが、 原発問題で議論の兆しが見えるが、しょぼい。 田原総一朗の、報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジョイ モスクワの白い肌」

1992年作品。フランス映画。 モスクワで撮影中に、怪しげな宮殿に招き入れられ、 裸の女性との不思議な体験をする。 女性の行方不明があり、捜査に乗り出したおとり捜査官。 現場に踏み込んで逮捕。 ふんだんにフランスおよぼロシア美人の裸が見られる映画だが、 アダルトを見ている眼には、ただ、ロシアとフランス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「やがて来たるものへ」、イタリアで起きた大虐殺を描く!

イタリア北部の農山村。 のんびりした田舎だが、第二次世界大戦当時は、連合軍、ドイツ軍。 それにムソリーニのファシスト、そして、彼らに抵抗して立ち上がったパルチザンが対立していた。 農山村には、ドイツ軍やファシスト、パルチザンが平気で入り込むそんな環境だったが、 ドイツ軍が危機を感じ、大虐殺事件を引き起こす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サウダージ」、タイやブラジル移民の多い国際都市甲府市、現代の閉塞をドキュメンタリーに描く

重い映画だが、ラッパーが効いていて、惹かれてしまう。 そもそも男女関係が成り立たないのか? それは、ソープであったり、タイパブなのか? 酒と女とはっぱ。 でも職なくしたら、どこへ行けばいいのか? それは、タイなのか 現実はそんなに甘くない。 人を刺せば刑務所行。 ブラジル人は、国へ帰る、だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若松屋 「紀薩乃梅酒」、本格麦焼酎仕込み、2008年モンドセレクション金賞受賞!

今は、酒はやめているが、唯一アルコールは、梅酒だ。 いままであちこち、特に和歌山の梅酒を飲んできたが、 酒屋で、若松屋の「紀薩乃梅酒」をみつけ、 なんと、ほぼ半額だったので、さっそく賞味した。 紀州梅と鹿児島の焼酎の合作ということで、これは鹿児島産だ。 口当たりはよく、飲みやすい。 そのくせアルコール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロすぎる宗教法人「月光寺」、滋賀県東近江市在、全裸修行、AVも制作!

今週、フライデーとサンデー毎日に取り上げられたこの記事。 取材を受けた、教祖山下訓弘さんは、ほぼ肯定している。 もともと堺市にできた宗教法人で、98年に滋賀に転居した。 教祖自身、初老だが、多妻で、子供も多い。 全裸修行は、当然の業だが、法的に日本では罪に問われるので、ひそかにしかできない。 一方、AVの方…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「マリリン 7日間の恋」、あのマリリンの実話が映画化!

いまだに、忘れられない永遠の美女マリリンモンローが映画になった。 マリリンに扮するのは、ミシェル・ウィリアムズ。 しかし、あのマリリンの魅力に圧倒されたものにとっては、 似せても無理、オーラがない。 いわゆる白痴美がでないのだ。 可愛さの中の妖艶さ。 これは、いくら裸を見せても無理。 全裸で川を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more