映画「わが母の記」、井上靖の自伝小説の映画化!

樹木希林の面目躍如。

わが母は、父の亡くなるころから、ボケが始まり、息子すらわからない。

一方、息子は、幼いころ母に捨てられたと思っていた。

そんな二人が、介護を通じて、お互いの心を通わせていく。

ぼけ老人の、セリフの間の良さと、ぼけているのか、素なのかわからない希林の演技に泣かされる。

孫娘を宮崎あおいが扮し、こちらは、昔風の父にいら立ち反抗もするが、やがて、お互いの心もほぐれて、

時間がいろんなものを流してくれる。

そして家族だからこそ、その間も離れることなく、心の底は通じ合って。

まあ、ハートウォーミングな家族の物語。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック