映画「アンティーク 西洋骨董菓子店」、洋菓子店でありながら、男性4人のスタッフ、それはゲイなのか?

映画「アンティーク 西洋骨董菓子店」、は、なぜか韓国映画!

ゲイのシェフが作る菓子は絶品、オーナーには幼児誘拐事件のトラウマが、

ミュージカルあり、サスペンスあり、ゲイのドラマありと

韓国映画にしては珍しい、西洋風。

というのも、原作は日本の漫画。

洋菓子を食べるのは女性が多いが、

中には、なぜか男性も

それが謎。

作品のキーになる幼児誘拐事件と関係がある。

作りはあくまで甘い。

画像




トーマス・ゲインズボロー:ビューティフル・ミセス・グラハム
アートブックショップ
●ハードカバー●英語版●オールカラー●全62ページ●サイズ:約横178×縦198×厚10mm気品ある

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ゲインズバラ
楽天ブックス
商品副データアート・ライブラリートマス・ゲーンズバラ/ニコラ・カリンスキー西村書店(新潟)この著者の

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年03月10日 13:01
ゲイだって

この記事へのトラックバック