戦場のなでしこ隊、まだ1/3が生存。

フジテレビの土曜プレミアムで放送された「戦場なでしこ隊」。

それは、知覧で特攻隊を見送るために動員された高等女学校の学生の物語だ。

この女学生のうちまだ、1/3が現存する。

風化する第二次世界大戦。

終戦直前、自らの命を海上の藻屑となるために突撃した若者たちの

死に行く前の苦しみを見てきた女学生。

そして、一人の女性に手渡された一枚の写真。

それは恋というものではないが、死にゆく若者が

自らの証を残したと願ったものだ。

ドラマと現実を交差させながら描かれたドラマ。

死んだ人でなく、死に行く人を送った立場で描いた本ドラマは、

現実に生きている人の口から姿から描ききっている。

感動というか、悲しみというか、涙なくしては見られない。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック