チャージ制度は、もっと説明が必要だ

私の叔父は、70代後半。

大阪に住んでいるため、地下鉄などの無料カードが支給されている。

しかし、地下鉄に乗るにはこれで十分だが、

私鉄との乗り入れの場合、私鉄運賃を払うのがややこしい。

カードに1000円チャージしなければならないのだ。

説明がないから、駅の自動改札で往生する。

駅員の説明ももう一つで、

老人には、なぜ、600円のところに、1000円払わねばならないかが分からない。

チャージも、その私鉄だけ有効なのか不明なので、

その私鉄にもう乗らないなら、無駄になるというのだ。

老人に説明は難しいが、説明できるシステムにすべきだ。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック